土屋光逸 風景木版画展

2004年11月13日(土)〜11月28日(日)



1870年(明治3年)静岡・浜松に生まれた光逸は16才で版画家の小林清親の内弟子となった。清新な風景画は同時代の川瀬巴水等と共に人気を博し、渡辺版画店、土井版画店より作品が刊行された。
浮世絵木版画の収集で著名な、ムラーコレクションの中から、光逸の多くの作品が世界の名作としてスミソニアン協会に所蔵されることになった。日本には数少なくなった初摺版〔祇園の夜桜〕〔瀬戸内海 鞆之津〕〔瀬田の夕照〕等14点を展覧いたします。



 雪の堅田浮見堂
 ¾¾ 鞆の津
土屋光逸
雪の堅田浮見堂
1934年(昭和9年) ・木版画
36.5cm×24.4cm
摺・状態極良
東京国立近代美術館所蔵 1607


土屋光逸(弘明)
鞆の津
昭和15年・木版画
36.0p×24.0p
東京国立美術館所蔵1609
初摺、状態極良
●売却済み


[近江八景]瀬田の夕照  ¾¾ 祇園の夜桜
土屋光逸
[近江八景]瀬田の夕照
1955年(昭和30年)・木版画
45.2cm×18.0cm
摺.状態極良
東京国立近代美術館所蔵1610


土屋光逸
祇園の夜桜
昭和7年・木版画
36.0p×24.0p
東京国立近代美術館所蔵1613




 他の作品は、《作品検索&販売》でご覧ください。





茜画廊
三島市東本町1-15-1山川ビル2F
Tel&Fax 055−971−9823

E-mail : info@akanegarou.com


もどる

トップページヘもどる