知られざる希代の絵師
渡辺省亭展

2011年9月17日(日)〜10月30日(日)

 渡辺省亭 (嘉永5年〜大正7年) は日本では今だに知る人も少ないが、欧米では広く知られ高い評価を受けている明治期の最も優れた日本画家のひとりである。 今回は当画廊が20年程前から蒐集してきた作品の中から日本画と木版画の代表作「省亭花鳥画譜」(明治23年)全3巻、「美術世界」(編集:省亭)全18巻、大正期の花鳥木版画などを展示、紹介いたします。 また彼の影響を強く受けた水野年方、小原古邨、鏑木清方らの作品も同時展示いたします



樹上のアトリエ(1987年) 銅版画 ed.50 49.4×39.4p
菜花双鶏図
 ¾¾ 初夏の頃
初夏の頃(1987年)
銅版画 ed.50 18.0cm×24.9p


 ¾¾ 白梅に九官鳥
省亭花鳥画譜より「白梅に九官鳥」(木版画)
明治23年 20.7cm×31.6cm 2枚続き
未掲載・リンク無し


 ¾¾ 木角豆に蜂
「菜花双鶏図」 (日本画) 明治中頃
119.3cm×49.6cm 軸装 絹本
識書あり(寛畝)

「木角豆に蜂」(木版画)大正5年
20.8cm×31.8cm 大倉保五郎版 (初版)
ワシントン・サックラー美術館所蔵





 他の作品は、《作品検索&販売》でご覧ください。




茜画廊
代表 船倉 禎二
三島市東本町1-15-1山川ビル2F
Tel&Fax 055−971−9823

E-mail : info@akanegarou.com


もどる

トップページヘもどる