英国に渡った近代最高峰の木版画職人
漆原由次郎の世界
2003年3月8日(土)〜3月23日(日)



<作家紹介 漆原由次郎>
新しいページが開きます。




◆漆原由次郎(木虫)◆

明治23年東京に生まれ若くして木版画を学ぶ。19歳のときに、ギリシャを中心にヨーロッパを旅した。これが1908年から1941年まで続くことになった西欧での長期滞在の始まりであった。木版画の技術を認められ、江戸期の光琳、北斎等の原画から復刻を大英博物館から依頼された。後に大英博物館の嘱託となる。ブラングインの絵を木版画にした「ブルージュ」「10の木版画」木版画集は有名。1941年1月帰国、同年3月日本橋三越で木版画展を開催。そのカタログに現在の西洋美術館のコレクションのもとを築き、またブラングィンと深い親交のあった松方幸次郎が文章を寄せているので一部を再録する。

[漆原木虫の事]
…母国に於いてこそ、その名を知る人は少ないけれど、欧米の芸術愛好家でその名を知らぬ者のない高名な存在である。大英博物館が彼を招聘し、過去25年間英国の誇りとするブラングィン画伯が彼を唯一無二の力とした事、更には東洋美術研究所の最高権威ビニヨン教授が彼の木版術に絶賛の辞を呈している…

日本では無名であるが、北斎の絵を復刻したもの及びブラングィンと共作の木版画35点を展覧します。世界が認める優れた木版職人漆原由次郎のこれだけの作品を一堂に展示できるのは日本でこれが最後だと思います。




ブリュージュのヤン・ファン・エイク広場の恋人達  ¾¾ 南仏風景
漆原由次郎
ブリュージュのヤン・ファン・エイク広場の恋人達
1911年・木版画・下絵F.ブランヴィン
37.6cm×49.4cm


漆原由次郎
南仏風景
1903年・木版画・下絵F.ブランヴィン
38.6cm×48.0cm



 他の作品は、《作品検索&販売》でご覧ください。





茜画廊
代表 船倉 禎二
三島市東本町1-15-1山川ビル2F
Tel&Fax 055−971−9823

E-mail : info@akanegarou.com


もどる

トップページヘもどる