ゴッホが最も好んだ絵師
歌川国貞(三代豊国)展

2008年9月6日(土)〜10月26日(日)


 ゴッホが当時、何万点の中から収集した浮世絵400点の内、三代豊国(国貞)が 最も多く165点(ゴッホ美術館所蔵)で、いかにゴッホが心酔していたかが解かる。 五渡亭国貞を名乗っていた頃の美人画12点。幕末、豊国を継いてからの欧米向を 意図した良質の紙、顔料を使用し、何十回も摺りを重ねた(国貞の頃は粗末な    紙に6,7度の摺りが普通であった)豪華な錦絵40点を途中入替にて展覧します。
 いずれも世界の博物館、美術館が所蔵する作品にひけをとらない良品で、 初版かそれに近い貴重な作品です。国貞のものは本物と明治期の 復刻版の見分けは専門家であれば解かるが、三代豊国は初版、後摺り、外国で 人気の高いものは明治に入ってから何回もの後摺りがあり、絵、彫、摺りの三拍子 揃った優れた作品は非常に少なく、確実に見分けられるのは日本でも専門家を 含めて何人いるか・・・・。
 歌麿、写楽、北斎、広重など、幕末、明治期に再版されたものが多いのに比べ 国貞(三代豊国)はシーボルトが在日中(文政6年〜12年。安政6年〜文久2年) に活躍していた絵師で、シーボルトが最も多く収集し、大量に持ち帰ったお陰で 本物の江戸摺りが現在でも多く残っている。
 国立ライデン民族学博物館を筆頭に、ギメ美術館、ヴィクトリア&アルバート美術 館、大英博物館など世界の一流館の多くが所蔵、日本では静嘉堂文庫が良作を 所蔵している。




etc8/66  〔豊国漫画図絵〕奴の小万
全盛見立三福神(3枚綴)  ¾¾ 〔当時高名会席盡〕芳町桜井
歌川国貞(豊国三代)
全盛見立三福神(3枚綴)
文政8年(1825年)・木版画
36.8p×76.8p
号 五渡亭
摺 能村栄吉
山本屋平吉版 初摺
彫、摺極良、退色、汚れ、裁ち
静嘉堂文庫所蔵
後版の藍摺りもあり(天保5年頃)


歌川国貞(豊国三代)
〔当時高名会席盡〕芳町桜井
文政2年(1819年)・木版画
37.0p×25.0p
号 五渡亭
版元 山口屋 初摺
シーボルトコレクション
オランダ国立ライデン博物館所蔵
大英博物館所蔵
退色、汚れ、裁ち

江戸八景ノ内〕品川  ¾¾ 〔当世道行振〕小さん金五郎
歌川国貞(豊国三代)
江戸八景ノ内〕品川
文化期(1804年〜1817年)・木版画
37.0p×25.0p
号 五渡亭
西村屋与八版 初摺
彫、摺極良、退色、汚れ
大英博物館所蔵


歌川国貞(豊国三代)
〔当世道行振〕小さん金五郎
文政中期(1824年頃)・木版画
37.3p×25.0p
号 五渡亭
太田屋佐吉版 初摺
シーボルトコレクション
オランダ国立ライデン博物館所蔵
焼け、汚れ、虫穴

〔吉原時計〕亥ノ刻  ¾¾ 勝景鏡 高縄
歌川国貞(豊国三代)
〔吉原時計〕亥ノ刻
文政中期(1820年頃)・木版画
37.4p×25.6p
号 五渡亭
榎本吉兵衛版 初摺
シーボルトコレクション
オランダ国立ライデン博物館所蔵
汚れ、虫穴


歌川国貞(豊国三代)
勝景鏡 高縄
文政8年(1825年)・木版画
38.2p×26.0p
号 五渡亭
山口版(初版)
静嘉堂文庫所蔵
彫、摺良、汚れ、虫穴、滲

花揃の内  ¾¾ 〔東海道五十三次の内〕四日市
歌川国貞(豊国三代)
花揃の内
江戸後期・木版画
36.0cm×50.0cm
全体、顔に汚れあるも摺極良
2枚綴 初摺


歌川国貞(豊国三代)
〔東海道五十三次の内〕四日市
嘉永5年(1852年)・木版画
35.0.cm×25.0cm
彫、摺、状態極良(逸品)
井筒屋 初摺
国立ギメ美術館所蔵
ヴィクトリア・アルバート博物館所蔵

〔時代世話当姿見〕幡随長兵衛  ¾¾ 〔今様押絵鏡〕怪童丸
歌川国貞(豊国三代)
〔時代世話当姿見〕幡随長兵衛
安政5年・木版画
34.2cm×24.5cm
裁ち、彫、摺、極良
魚屋栄吉版 横川彫竹 初摺


歌川国貞(豊国三代)
〔今様押絵鏡〕怪童丸
安政7年・木版画
37.2cm×25.6cm
裏打ち、虫穴、彫、摺極良
松林堂 初版
大英博物館所蔵

〔美人爽句集〕より  ¾¾ 〔豊国漫画図絵〕奴の小万
歌川国貞(豊国三代)
〔美人爽句集〕より
文久3年(1864年)・木版画
36.0p×24.6p
平のや版 初摺
彫、摺極良、状態良


歌川国貞(豊国三代)
〔豊国漫画図絵〕奴の小万
安政6年(1859年)・木版画
335.3p×24.0p
魚栄版 初摺
彫、摺極良、少裁ち、汚れ
静嘉堂文庫所蔵





 他の作品は、《作品検索&販売》でご覧ください。




茜画廊
三島市東本町1-15-1山川ビル2F
Tel&Fax 055−971−9823

E-mail : info@akanegarou.com


もどる

トップページヘもどる